納豆/なっとう

納豆の意味

納豆とは、煮た大豆を納豆菌で繁殖させた粘質の糸を引く食品。

納豆の由来・語源

納豆の語源は、僧侶が寺院で出納事務を行う「納所(なっしょ)」で作られ、を桶やに納めて貯蔵したことに由来する説が有力とされている。
「なっ」は呉音「なふ」が転じた「なっ」で、「とう」は漢音「とう」からの和製漢語である。
納豆の語源には、豆腐と間違えたという説もある。
それは、大豆を腐らせて作られた食品を「豆腐」と呼び、四角い容器に納めて作られた食品を「納豆」と呼んでいた。
それが、中国から日本へ伝わった、日本人が呼び間違えたというものである。
しかし、これは豆腐の「腐(腐る)」と、納豆の「納(納める)」の漢字から想像で作られた俗説である。
また、納豆は発酵食品であり、腐った食品ではない。

中国では納豆が「鼓(し)」と呼ばれ、日本には奈良時代に寺院に伝わり、『和名抄(倭名類聚鈔)』には「鼓(くき)」と記されている。
この「鼓」は「糸引き納豆」とは異なり、現代では「寺納豆」や「浜納豆」などと呼ばれる辛く乾燥したものであった。
糸引きの起源も諸説あり、弥生時代に作られた説、聖徳太子、光巌法皇、源義家などが作った、もしくは広めたとする説など様々である。
「納豆」の語が出てくる最初の文献は1051年の『新猿楽記』で、「塩辛納豆」と表記されていることから、この当時すでに「糸引き」が存在し、区別されたと考えられている。
1981年、関西での消費拡大のため、関西納豆工業協同組合が7月10日の語呂合わせで「納豆の」を作り、1992年には全国納豆工業協同組合連合会があらためて制定したことで、7月10日は全国的に「納豆の日」となった。

【関連リンク】
納豆の栄養・効能、選び方、保存方法
納豆のカロリー・栄養成分表

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。