呉汁/ごじる

呉汁の意味

呉汁とは、に浸して柔らかくした大豆をすり潰して絞ったものを入れた味噌汁。日本各地に伝わる郷土料理

呉汁の由来・語源

呉汁の「呉」は音からの当て字で、漢字に深い意味はなく、呉の国(中国)から伝わった料理という訳でもない。
大豆を水に浸してすり潰した汁を「ご(豆汁・豆油)」と言い、「ご」を入れた味噌汁なので「ご汁」と呼ばれるようになった。
枝豆で作った呉汁は、「枝豆呉汁」や「青呉汁」と呼ばれる。
呉汁は「熊本の郷土料理」と紹介されることもあるが、日本各地でから伝わる料理である。
呉汁の起源には、各地にいくつかの説があるが有力な説はなく、この料理自体の由来は未詳である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。