スズメバチ/雀蜂/胡蜂/すずめばち

意味

スズメバチとは、スズメバチ科の昆虫。女王蜂の体長は約4センチ、働き蜂は約2.5センチで、日本最大のハチ。

スズメバチの語源・由来

スズメバチは、の大きさがスズメほどもあるという意味と、巣の模様がスズメに似ていることからの名。
実際の大きさは、スズメは約14〜15センチ、大きいメスバチ(女王蜂)で約4センチなので全く違うが、あくまでも「それほどまでに大きい」というたとえである。

スズメバチの巣

スズメバチの漢字は、上記由来のまま「雀蜂」と表記するほか、漢名の「胡蜂(こほう)」を当てても書く
俗名に「くまんばち」や「くまばち」ともいうが、クマバチはミツバチ科のハチで別種である。

スズメバチの別名・類語

クマンバチ/クマバチ/カメバチ/山蜂/ホーネット/ワスプ/ベスパ/虎頭蜂

スズメバチの種類

オオスズメバチ/ヒメスズメバチ/キイロスズメバチ/コガタスズメバチ/モンスズメバチ/チャイロスズメバチ/ツマアカスズメバチ/ツマグロスズメバチ/オリエントスズメバチ/クロスズメバチ/キオビホオナガスズメバチ/ヤミスズメバチ

TOP