破魔矢/はまや

意味

破魔矢とは、正月縁起物。初詣に行った際、厄除けのお守りとして神社で売り出される。

破魔矢の由来・語源

破魔矢は、「破魔矢奉製所」という会社が登録商標していた名前で、更新を怠ったために一般名になったとするものもある。
しかし、「破魔矢」が登録商標されていた一時期、NHKのニュースなどで「魔除けの矢」と呼んでいたというだけのことで、言葉自体は商標登録される以前からあり、「破魔矢」という言葉や風習の由来が「破魔矢奉製所」に関係することではない。

破魔矢の「破魔」は元仏教語で、悪魔の魔力を打ち破ることを意味し、藁を丸めて円座のような形に作ったものも「破魔」と呼んだ。
円座形の「破魔」は、正月にそのを占う年占(としうら)の競技で的として用いられ、投げ上げて射落としたりしてその結果で占った。
この「破魔」を射るための矢が「破魔矢」、弓が「破魔弓」である。
この競技が形式化されて正月の縁起物となり、男児の成長を祈願して模擬の弓矢を贈る風習が江戸時代に生まれた。
弓矢を贈る風習は、のちに男子の初節句の贈り物とされ、細長い板に破魔矢と破魔弓を飾りつけ、その下に人形いくさにんぎょう)などの押し絵を貼ったものが作られるようになった。
正月以外では、新築のの棟上式の際、二本の破魔矢と破魔弓とをセットにして、鬼門の方角に向けて立てられる。

「破魔矢」の別名・類語

1

2

TOP