刀/かたな

刀の意味

刀とは、武器として用いる細長い片刃の刃物。

刀の由来・語源

刀の語構成は「片(かた)」+「刃(な)」で、「かたな」と呼ばれるようになった。
日本は刀剣類の中でも片刃が発達して使われていたことから、両面に刃が付いている「諸刃(もろは)」の太刀ではなく、片方のみ刃が付いた「片刃(かたな)」から「刀」になったと考えられる。
また、片刃の「な」は刀を表す古語で、「薙ぐ(なぐ)」と同系の語であろう。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。