カラス口/烏口/からすぐち

意味

烏口とは、製図用具の一。二枚の刃の間にインクを含ませ線を引くもの。刃先の間隔をネジで調節して線の太さを変更できる。

烏口の語源・由来

烏口は、二枚の刃からなるペン先の形が、カラスのくちばしに似ていることからの名前
英語では日本の「烏口」のようにカラスのくちばしにたとえられておらず、「drawing pen(製図用ペン)」と呼ばれる。

TOP